獲得したポイントの活用法|安心して利用ができる不動産売却|私のお家さようなら

安心して利用ができる不動産売却|私のお家さようなら

女の人

獲得したポイントの活用法

ウーマン

シンプルメソッド

木材利用ポイントの発行申請受付期間が決められており、対象の工事が済んでいる人も発行が可能な木材利用ポイント数が上限に達すると前倒しで郵便の受付が終わってしまいますから、早めに手続きを行ったほうがいいです。また、発行申請を郵便で送る際は昨年の4月より郵便料金が改定されているので、うっかり料金不足で返送されると期日に間に合わなくなるので十分に注意を払って申請しましょう。

交換申請する特徴

今回の木材利用ポイントも震災復興を支援する体制が顕著でした。工事対象だった木造住宅の新築や増築、購入について1棟あたり30万ポイント発行となっていますが、東日本大震災により全壊といった認定された特定被災区域において新築などを行った際は、1棟あたり50万ポイント発行されます。また、お目当ての商品などの交換をしてポイントが余ったら、森林づくりや木づかい寄附、そして被災地への寄附が1ポイント単位で有効に使い切る事も可能です。一般型の商品券やプリペイドカードとの交換は制限されていてポイント数の5割が上限となっている点も、震災後に立案された当時の施策に対するこだわりが透けて見えます。地域の農林水産品など気になってもカタログがないので、木材利用ポイント事務局のHPや関連のサイトで閲覧する事になります。また、家具や木材製品といった受注生産商品や在庫の状況に応じてお届けまでの日数が大きく異なるので、気になる人は交換商品提供事業者に問い合わせてみるか、事務局のサイト内の交換商品の記述されたページを参照しましょう。電話による交換申請も受けていない為、マイページから申し込むか通知のハガキでの申請になります。